勢至菩薩|梵字|梵字と天珠

梵字
梵字と天珠 > 梵字 > 梵字リスト1 > 勢至菩薩


■勢至菩薩■

(せいしぼさつ)

勢至菩薩

【梵字読み方】
サク

【説明】
勢至菩薩は、死後の世界で死者の罪などを審理する裁判官などの役割を持った十三仏のなかで、一周忌を担当する菩薩とされています。大勢至菩薩や得大勢菩薩などの呼び名もありますが、単独で祀られることは少なく、阿弥陀如来を中心とした阿弥陀三尊の脇侍として祀られることが多い仏様です。

勢至菩薩は、文殊菩薩に並ぶほどの智恵を持っているため、阿弥陀三尊でも慈悲を持って人々を救う観音に対し、勢至菩薩は智恵を持って人々を救うとされています。

また、観音菩薩とは兄弟とされ、「観世音菩薩往生浄土本縁経」という経典において文殊菩薩はインドの長邦(ちょうな)という僧の息子で、速離(そくり)という人間の子供でした。

速離には早離(そうり)という兄がおり、母親は早くに亡くし継母の4人で暮らしていましたが、飢饉の時代で暮らしていくのに大変になってしまい、継母は二人の子供を父の留守の間に孤島に置き去りにしてしまいました。

何もない孤島で二人の子供は亡き母の遺言である「菩提心を起こしなさい」を思い出し、死後、生まれ変わって苦しむ人々を救おうと百の誓願をたてて絶命しました。

そして兄の早離は観音菩薩、弟の速離は勢至菩薩となったとされています。

【効力】
勢至菩薩の梵字を身につけることで智恵の光を授かり、迷いを断ち切ることで持ち主の進むべき道を示して、智恵で困難な道でも立ち止まらずに進むことができるとされています

【意味】
智恵

【この梵字をおすすめするのは】
・学業に集中したいと考えている方
・主観的に物事を考えてしまう方

梵字も天珠もあなたに合ったものでなければ意味がありません
あなたにピッタリの梵字を見つけることができれば今後の運気も変わってきます!!

まずは今の自分の運気がどういう傾向にあるのかを鑑定してみませんか?

運命鑑定
あなたの梵字…
きっと見つかる!!



梵字一覧

梵字リスト1

アイコン虚空菩薩アイコン
(こくうぼさつ)
アイコン般若菩薩アイコン
(はんにゃぼさつ)
アイコン軍茶利明王アイコン
(ぐんだりみょうおう)
アイコン阿閦如来アイコン
(あしゅくにょらい)
アイコン鬼子母神アイコン
(きしもじん)
アイコン歓喜天アイコン
(かんきてん)
アイコン愛染明王アイコン
(あいぜんみょうおう)
アイコン毘沙門天アイコン
(びしゃもんてん)
アイコン勢至菩薩アイコン
(せいしぼさつ)
アイコン風天アイコン
(ふうてん)

平凡で退屈な人生に満足していませんか?

新しいことに挑戦したいが、キッカケがなく退屈な人生を過ごしてしまう前に
新しいことへのキッカケやチャンスを運命鑑定で導いてみませんか?

運命鑑定
初回無料







Copylight 2019©
梵字と天珠
All Rights Reserved.


梵字と天珠QR
携帯からご覧下さい